menu

整体院キュアート

〒253-0043
神奈川県茅ケ崎市元町5-3
エスポワールミワ2-B

TEL.0467-53-7181

1週間前から左肩の痛みと腕が上がらない症状でお困りのKさん

1週間前から左肩の痛みと腕が上がらない症状でお困りのKさん

Kさんは普段デスクワークをされている40代男性です。

お身体を拝見すると、肩関節の周りのインナーマッスルである腱板(ローテーターカフ)の状態が悪いことがわかりました。

そこで、まず肩関節の調整により腱板を緩めることにしました。

やはりこの調整を行うと、痛みなく腕が上がるようになりました。

さて、肩の痛みの原因は腱板であることがわかりましたが、どうして腱板の状態が悪くなってしまったのでしょうか。

それには、身体全体のバランスが関係しているようです。

さらに詳しくお身体をみさせていただくと、腕が内側にねじれていること、肩甲骨が前に移動していること、背骨が前弯していること、骨盤が後ろに倒れていることがわかりました。

いわゆる猫背で姿勢が悪いということです!

これらの問題を解決して姿勢を正しくしなければ、また腕の痛みが戻ってきてしまうことが容易に想像されます。

そこで、肩甲骨、胸椎、骨盤の調整を行い、正しい姿勢ができるようにしていきました。

Kさんのようにデスクワークで姿勢が固定してしまっている場合、自分で姿勢をよくしようと思っても出来ないほど身体にクセがついていることがよくあります。

正しい姿勢にしようとしてもクセの付いた関節の固い部分がブロックになって自分の力では出来ないのです。

そして、普段のデスクワークの時に正しい姿勢で座るようにアドバイスをして1回目は終了です。

それから1週間後、2回目に来院した時には肩の痛みはなくなっていました。

ただ、まだ肩こりと姿勢の悪さがあるので、今後もメンテナンスをしていくことで肩こりの改善と腕の痛みの予防をしていくことになりました。

デスクワークで姿勢の悪い方は、肩こりから肩の痛みや腕が上がらなくなるなどの不調に発展する場合も多いので、早めの身体のメンテナンスをおすすめします。